読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ORASシングル】構築のまとめリンク集【シーズン12】

構築まとめ

f:id:surfacebook:20151208153306j:plain

 これまでちまちまと構築まとめ記事をつくってきた当ブログですが、特定の構築に特化して記事をまとめているサイトが最近ありがたいことに増えてきたので、発見したものについて簡単にまとめてみました。まとめサイトがまとめ記事をまとめ始めるとは世も末という感じですが、基本的に自分のメモ用ということでご勘弁ください。他にも特定の構築をまとめたものがございましたら、ご一報いただければ幸いです。

 また、言うまでもないことですが、上位の構築に関しては滝沢さんが『ORASシングル構築記事まとめ』(旧『ここをニートの楽園にしようぜ!』)にて網羅してくださっています。このサイトにはいつも色々とお世話になっており、頭が上がりません。改めてお礼申し上げます。

 イラストはみやのさん(@Froslass_478)の素敵な絵を使わせていただきました。いつもありがとうございます!

※リンク先はすべて無断リンクですので、問題がある場合、恐れ入りますがご一報ください。

※紹介はあいうえお順です。

 

●雨展開

amenomatomeoras.blog.fc2.com

 主にニョロトノの持つ特性あめふらしにより天候を雨状態にし、雨の恩恵を受けるエースポケモンで相手を壊滅していくことを目的にした構築。5世代では環境を支配していたともいえる天候パだが、6世代に入りそれぞれの天候に通常5ターンという制限が設けられてしまったため、一線級からは姿を消したように思われた。

 しかしここ最近、再び結果を残す構築が少しずつ増えてきており、完全に無視することはもはや難しいだろう。特にシーズン12は雨構築が多かった印象があり、対策を怠ったパーティを使っていて苦しめられたという人も相当数いたのではないか。これからどのように発展していくのか注目していきたい。

 

 

・受けループ

ch.nicovideo.jp

  耐久に優れたポケモンで受け回しながら、相手のポケモンをじわじわと削っていったり、隙を見て一撃必殺技や積み技を通すことで、相手を詰みの状態にまでもっていくという、ある意味玄人好み(?)とも言える構築。サイクル戦の醍醐味を最大限に味わえる構築に”役割論理”パーティ(通称ヤーティ)というものがあるが、それとはまた別のベクトルでサイクル戦を突き詰めた構築だと言えるだろう。

 シーズン12はぜったいれいどを持つスイクンが復活したということもあり、さんざん辛い辛いと言われていたが、最終的には結果を残している構築が複数出ているあたり、まだまだ現役で活躍できるポテンシャルを十二分に備えている。パーティとしての基本的な並びといえるものは完成されつつも、受けループが苦手とする相手への処理ルートの開拓はまだまだ進んでいっている様子。

 

●サザングロス

sazin2525.blog.fc2.com

 相性補完に優れたサザンドラメタグロスの組み合わせを軸としたパーティで、なんといっても名前と見た目が格好良い(当社比)。これまでは拙ブログでまとめていたが、シーズン12はサザングロスで実況動画を投稿しているSAZINさんがまとめてくださったので、今回そちらのリンクを貼らさせていただいた。

 シーズン12はサザンドラが環境に刺さっていたシーズンとも言うことができ、実際上位の構築を見てみると、サザンドラ入り構築は思った以上に多い。それに伴ってか、サザングロス構築も結果を残したものがこれまでより多かったと言える。注目されていなかった一時期よりも確実に数を伸ばしている構築であり、今後どのようにバリエーションを増やしていくのか、一使い手としても気になるところだ。

 

ジュカイン

blog.livedoor.jp

 ORASで解禁されたメガジュカインを軸にした構築のまとめサイト。トップメタであるバシャーモは言うまでもなく、雨構築でエースとして起用されることが増えてきたラグラージと比べて、ホウエン御三家の中では今ひとつ目立たないポジションに甘んじているが、特性ひらいしんと独特の耐性と技範囲、そして環境にいるポケモンのほとんどの上を取れるSの高さが相まって、一定数のファンを獲得しているポケモンである。見た目も歌舞伎役者じみたところがあってかっこいい。

 リンク先ではメガジュカイン軸の組み方や、一緒に組まされることが多いポケモンへの考察も乗っており、どのように動かすべきなのかがわかりやすくまとめられている。ジュカインのようにあまり用いられていないポケモンを主軸とした構築を使おうとした場合、まずそのとっつきづらさが一つの壁になると思っているのだが、こういう風にまとめてくださる方がいると、新しい構築に挑戦してみようという人の後押しになると読んでいて改めて感じた。

 

●砂展開

あったかアタッカー: 【全国ダブル】バンドリのすすめ【考察】

 天候を砂にして展開していく構築の中でも、バンドリ(バンギラス+ドリュウズ)軸の構築に絞ってまとめてくださっているサイト。掲載されているのは全国ダブルの構築が中心だが、シングルの構築も含まれている。雨展開の項でも触れたように、天候ターンに制限が設けられたことで、特にシングルではかなり動きづらくなった印象の天候パーティだが、砂下でのドリュウズの制圧能力の高さは今も現役であり、補完要員に強力なポケモンであるメガボーマンダを採用しやすい並びなのも、第6世代で獲得した武器だと言えるだろう。

 バンドリについての考察がまとめられているだけでなく、筆者がバンドリ構築を使用していて起きた出来事が4コマ漫画として描かれており、バンドリへの愛がひしひしと伝わってくる。普段はシングルの構築しか見ないという人にとっても、このようにルールを横断して構築でまとめているサイトがあることで、他のルールへの架け橋になるのだなと拝読していて実感した次第。

 

トリックルーム展開

kuroganepoke.blog.fc2.com

 5ターンの間、素早さを逆転させる技「トリックルーム」を用いた構築のまとめ記事。トリックルームには5ターンという制限がついているうえ、天候のように出しただけでトリックルームが発動するような特性も存在していないため、どうしてもシングルでは使いにくいという印象が拭えない技に見られがちである。ただそれでも低速高火力のポケモンを活躍させるうえでは非常に強力であり、不意にトリックルームを展開されてそのまま半壊するということは決して珍しくない。

 トリックルーム展開の主軸ポケモンにおかれているポケモンとしては、突破力と耐久を兼ね備えたメガクチートが最も多く、次点にメガヘラクロスが来ている。どちらも単品で充分に活躍することができ、場合によってはトリックルーム下で無双することができるポケモンということで、エース起用されることが多いのだろう。その他のポケモンについても、これからの開拓が待たれる。

 

ルカリオ

aspokemon.blog.fc2.com

 ルカリオ軸といえば、カバルドンステルスロックやあくびを撒き、起点を作ってから積むことで全抜きを目指す、いわゆる積み構築で用いられるイメージがあったが、まとめられた構築を眺めていると、ルカリオ軸も環境に合わせて多様になってきているということがわかる。耐久に難があるためにサイクル戦に参加しにくいという欠点がある一方、物理型も特殊型もこなすことができる器用さや、一度積み技を使った時の突破力の高さは非常に魅力的であり、一定のファンを獲得している構築なのもわかる気がする。

 高速低耐久(実際はそこまで低耐久というわけではないが)のポケモンの性か、上から殴られたり麻痺で足を奪われることが最大の弱点だと思われるので、そのあたりをカバーできていれば、まだまだ十二分に活躍することができるだろう。